夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/08«2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
八分咲き

久しぶりに訪れた梅園公園は

梅の香りに包まれて

家族連れがのんびりした時間を楽しんでいた

00014831.jpg

花びらの真ん中がほんのり赤い梅
 夢を見てるくらい梅が綺麗
カメラマンが数人


00014832.jpg

後すがた

 表情豊かな梅のお花たちのなかで

 幸せ気分


00014833.jpg
 
同じ枝に咲いた二人

 紅白がすてき


00014834.jpg

うすいうすいピンク

00014835.jpg

後姿がかわいい

00014836.jpg

新しい3月が訪れますように・・・・

・・・・・
人と人の距離感

当たり前の距離感ってなんだろう・・・

ららは人との距離感がつかめていないと
たまに言われる

確かに人を疑はない
気持ちが通じるような気がする


一般的な距離感ってなんだろう

時代によって
住む場所によって
微妙に違うのではないか、、、

・・・・
そういえばララが双子ちゃんを出産したらしい

ららではなくて、しろくまちゃんのララ

動物の親子って
とってもかわいい
スポンサーサイト

コメント

こんにちは
梅綺麗ですね♪
こちらはもうだいぶ終わりかけています。
そのかわり、大好きなモクレンの蕾が大きく膨らんできました。
No title
いやあ~本当にキレイな梅の花ですね。
特に三枚目の紅白の梅の花は珍しいですね。
とても可愛らしい。
梅の花の後姿も可愛らしいですよ~。
namiさんへ
そちらはやはり暖かいのですね。
つくばではモクレンはつぼみがまだ小さいです
桜、モクレン、ハナミズキ、ツツジ
これからたくさん春を感じられますね
daichiさんへ
そちらの梅はいかがですか?
紅白の梅、
不思議ですよね
たくさんの梅の花の中で
不思議なものを見つけるのがとても面白いです・・・
距離感ね・・・
う~ん、可愛く撮られますねぇ。
生き物に対する「心」がきっと暖かいんですね。
私はどうしてもギスギスした写真になっちゃうんだもの。

人との距離感って、私も難しくって分からないんです。
だから、しょっちゅう悩みの種です。
近づき過ぎてぶつかったり、離れ過ぎて去られたり・・・いっつもどうしていいのか迷う。
「一般的な距離感」ね・・・私も知りたいな。

クールな面を持っても良いんだとこの頃は思います。
程好い距離を保つにはクールになって相手も私も「そこまで」を決めても良いんだと。そう思うのです。
ま、難しいんだけどね私には。

ショパン、弾けるのですね。羨ましい!
ショパンは大好きです。感情激しいけどね。

サラームさんへ
サラームさんのつぼみやお花たち
とても好きです。
心って写真に出ますよね(*^_^*)

クールな距離感・・・とてもいいですよね。
ららにはそれが難しいのです。居心地良いクールな関係
それにはしっかり自立していなければならないですよね

ショパンは簡単なゆったりした曲だけです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2164-4b8a53dd

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。