夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014904.jpg

水仙の葉の雫

思わずアップで

00014905.jpg

角の多い世の中を
丸く切り取る雫のレンズ

とげの多い言葉の行きかう世の中を
丸く切り取る心のレンズ

00014903.jpg

雨の上がるたびに

春が一歩近づく


00014907.jpg

3月には新聞、テレビのあちこちで合格の喜びの笑顔が映し出される

でもその陰で

たくさんの、ほんとにたくさんの落胆がある

・・・・・
生きたいのに生きていけない命がある

その命を愛して見守る人がいる


生きていけるのに生きていたくないと思う人がいる

その命を愛して見守る人がいるのに


・・・・・
一昨年買ったシクラメン

今年になって葉っぱが出てきて
ようやくつぼみが一つ

命って強いね



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ
お久しぶりです。
そう、まあるいのが一番、、、
まるいこころがいいですよね(*^_^*)
いやぁ、ホント水滴の写真 素晴らしいです!
私も挑戦してみるのですが、ここまでキッチリ綺麗に写し出すことは出来ません。
流石と言えますよ。

そう、’命を愛して見守る人’って正直どうしてそこまで出来るの?と思ってしまった。
ま、私自身が苦しんでいた時の話ですけどね。
サラームさんへ
ありがとうございます。
何枚も何枚も写して、
たまにまぐれがあるのです(^^ゞ

愛するっていろいろな愛し方があるけれど、・・・
信頼のうえに咲いた花のような気持ち・・・
かな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2180-ddc21918

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。