夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
IMG_5347.jpg


運が悪いと嘆いてもしょうがない

IMG_5418.jpg


責任を追及するのも醜いし

IMG_5484.jpg


誰かを恨む気持ちの刃は
自分の心をずたずたにするし

IMG_5426.jpg


命が終わるのは自然の定め

IMG_5212.jpg


それまで生き続けるのが生物の定め

IMG_5227.jpg


スポンサーサイト

コメント

このごろのららさんの写真流儀、なにやら“哲学的”ですね(^^)
自分の撮るべき写真の新境地に開眼したのかなと、興味深く見させてもらっています。
とてもいいです。
ららさん おはようございます。

シャッター音がバシャバシャと聞こえてきそうです。
津島さんへ
見てくださってありがとうございます

新境地に開眼・・・
そこまではっきりしたものを自覚しているわけではないですけれど^^;

心地よい写真も好きですけれど
メッセージ性のある視点で切り取るのもいいなあと
思ったりしています

ひげさんへ
はい、バシャバシャやりました(^^)
でも耳は
鳥たちの歌声のほうに聞き入っていました

自然の中にいると
自分がただの生き物になって
その感覚がすごく好きです
何らかの理由で、朽ちていく木々。
でも、折れたり枯れたりした木は、ちゃんと大地に帰っていく。
大自然の大きな大きなサイクルは、時々、私たち人間にドキッとするような光景を見せてくれますよね。
それを見て悲しむ人、不思議がる人、そこに哲学を見いだす人、これまたいろいろなんでしょうね。
でも、そんな営みにレンズを向けるららさん。
やっぱり、自然を愛する人なんだろうなぁって感じます(^^)
ベルニナさんへ
「これがあの有名な○○」
見たいなモノももちろん深い味わいがあるのですけれど、
見捨てられたもの、
朽ちていくもの
忘れられたもの
そんなものにも目を向けたい・・・

そこに何か再生の気配を感じると
とても感動的です(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/933-91d3a914

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。